板橋区立小中学校作品展!

<前の記事から続く>
というわけで、この3連休を利用して行ってきました。板橋区立美術館で開催中の区立小中学校作品展へ!
まあ小学校の展覧会の延長なのですが、体育館とか教室内じゃなくて美術館でやると
雰囲気も違ってくるってもんです。
c0062763_2326259.jpg

いやー、やっぱり子供の作品は面白い。刺激になる。何か日々の自分に無いものが吸収できる。
とにかくわが娘の作品も見られて妙にワクワクした気分で行ってまいりました。

特に入場の際は撮影禁止とか制限はなく、結構写メで撮っている親御さんも目立ちましたね。大体みんな作品の前でバチバチ記念写真を撮っていました!というわけで私も堂々と。(笑)

天井にくっついちゃっているこーんな大きなバルーン形オブジェがお出迎え
c0062763_2330458.jpg


その足元にはこんな作品も。。。カラフルでいろいろな表情。。。
なんか「よーこそー」とか言っているような気もします。
c0062763_23581627.jpg


さーて、このバルーンの股の間をすり抜けて書写のコーナーへ、と。。。

と、ありました!我が娘の作品!ある意味感動(?)のご対面です。
c0062763_00233.jpg

。。。「にゃあ」ですか、そうですか。。。(笑)
でも1年生の字としてはなかなかおおらかで元気な作品。上手だと思うよ。
他の1年生の作品もそうですけど子供の字は元気さがにじみ出ていないとね。

一応20年の毛筆歴があります私メが僭越ながらレビューしますと、
1.マスいっぱいに書いてあって元気でおおらかさを感じる
2.字の中心を意識していて真直ぐに書けている
3.「はね」や「はらい」ができている
4.コピー力(書道でも大事)が1年生にしてはある方
→これはよっぽど手本の字を書いている先生が上手なんでしょう。

俺なんか1年生の時は字なんだか絵なんだかわからない支離滅裂な内容だったからナー。
今考えてみても赤面。。。たいして教えてもいないのに、いやはや大したもんです、わが娘。

しかし、この他にもいろいろな図画工作が見られてホント着想のヒントになりますね。
著名な作家の個展と比較しちゃいけないけど、これはこれでいいもんですよ。
子供の持っている自由な発想力や想像力には圧倒されますね。
特に日々の仕事に疲れている大人の皆さんはやっぱりこういう展覧会はたまには見に行って
目の保養なんかいいんじゃないかな!?
c0062763_0121933.jpg

c0062763_013555.jpg

c0062763_0133455.jpg

c0062763_014533.jpg


板橋区立小中学校作品展
板橋区立美術館で2/24(日)まで開催中。 期間中入場無料。
〒175-0092 東京都板橋区赤塚5-34-27
TEL: 03-3979-3251 
FAX: 03-3979-3252 
展覧会テレホンサービス 03-3977-1000

※駐車場は無いので、都営地下鉄三田線か路線バスで。詳細はこちら

by yass2005 | 2008-02-13 00:16 | growing up

オンリーワンの素晴らしさ

久々に画像無しの記事を。
。。。というか、まだその「現物」を見たことがないので見たら載せますが。

上の娘が小学校に入学して昨年末初めて校内図画工作の展覧会なるものに行ったんだけど

子供の作品ってどれを見ても元気があって、テーマが共通なのにひとつひとつに独創性や
躍動感があって、とにかく新鮮な驚きを感じる。見ていてすごく楽しい。

色遣い、想像もつかないような形、みんな違ってみんないい、オンリーワンの素晴らしさを
改めて知るわけだ。

やっぱり子供の持っている才能ってすごいよね。

ところでこのたび何故か娘の学校での書写作品が区立美術館で開催される「板橋区立
小中学校作品展」とやらに展示されることになった。

大好きな絵ではなくて書き方発展途上中の「書写」である。

ちょっと意外。

一応長年書道を嗜んできた私なので、どんな字なのか見るのが本当に楽しみ。

あと一応は選ばれて区民を中心とした皆様方に見ていただくことになるので、

親としてはなんかウレシイ。

by yass2005 | 2008-02-02 00:46 | growing up