富士五湖は雪景色。。。

c0062763_20223748.jpg

訳あって本日日曜日は富士の樹海付近で仕事でして、先程帰宅しました。

いやー、この付近の山林は白く雪化粧していてびっくり!何とも寒い現地での1日でした。

天気も結局終日曇り。残念ながら霊峰富士の雄大な姿も拝めず終い。

途中道の駅で吉田うどんとほうとう、信玄餅をお土産に買って帰りましたが
何とも心が晴れない1日だったなー。。。何か疲れた。。。

今日はこの辺にいました。↓
                     

by yass2005 | 2009-03-01 20:22 | works

惨劇は再び!?~ バンコク看板倒壊

仕事先のバンコクでは8/24から25にかけて地域特有の暴風雨があったという。
まあ東南アジアでは度々このようなことはあるわけで、もはや別段驚く
わけでもないんであるが、私には2年半前にこの暴風雨で当時仕事で管理
していた看板を根こそぎ倒壊させられたという苦い過去があり、
どうにもこのテの話が報告されると神経を尖らせざるを得ないんである。
(当時は幸い人的被害はありませんでしたが。)

*2年半前の惨劇はこちらをごらんください。

今回の報告を見よう。
この暴風雨により、スワンナプーム空港近辺に多く設置掲出されている
大型看板に、掲出ポスター面が吹っ飛んだり掲出面を支える鉄骨が倒壊
してしまったりといった損傷被害が再びあったという。。。

その中にはまたしても我々が前回倒壊後に新たに設置した管理看板があるのだ。
「。。。またか。。。!?」
報告の連絡序文を目にして蒼褪める。。。

しかし。。。今回は幸いにも全くの無事が報告されて溜飲を下げた。。。

報告メール添付の現場写真を見る。。。
相当な被害に遭った看板のみ報告されてきた。
自然の脅威とは改めて背筋が凍るほど恐ろしいもので、
幅50m高さ15mの看板をこんなにしてしまうのである。
c0062763_19242941.jpg

こちらは幅200m、空港に着陸し車でバンコク市街へ向かう高速道路で
最も目立つ某社の「WelcomeToThailand」のメッセージを含めた看板。
きれいに真ん中から左が吹っ飛んでいる。
これは正直「横に長すぎる」という構造上の欠陥ではないかという
気もするが。
c0062763_1925475.jpg

全く「不幸中の幸い」というか、我々が管理している看板はこの幅広物件の
隣に位置している。面の位置が90度違うだけで全くの無傷、
対岸の火事としては見られないまさに紙一重だった。

バンコクはゼロメートル地帯だ。湿地帯の上の大都市であり、少なくとも
中心地から四方50キロ先まで山などは見当たらず、街を少し外れると
あちらこちらに水路や池などがある。市街地でのこうした看板物件は
高層ビルのように地中奥深く基礎工事をするわけではなく地盤が基礎的に
緩く浅い部分に支柱を根付かせるため構造上もろく、「根こそぎ倒壊」は
必然的に起こり得る。

これは修復しても根本的に再発防止について何の保証もできないわけで
結局はこのような事故を定期的に繰り返してしまうわけである。
恐らく国でも未然に防ぐ策を講じるよりは「倒れたらまた立て直せば
いいだろう」というくらいの軽い考えなのだと思う。

何ともいい加減な話ではあるが、それも需要が後を絶たないからである。
車社会のこの国での有効なPR手段としてそれでも各企業は看板広告を
実施してしまうのである。

by yass2005 | 2007-09-04 19:26 | works

残暑お見舞い申し上げます

c0062763_14413145.jpg

只今寒いくらい涼しいスタジオ内で
煮詰まったまじーコーヒーをすすりながら仕事中です。
やや持て余し気味なのでこうして撮影風景を撮影しています。
私ゃこういう仕事もやっているのですよ。

毎度思うけど、こういう仕事場は地球温暖化防止とかエネルギー節減とか
社会的問題とは別次元だよな。

温暖化防止を推進する『チーム・マイナス6パーセント』の一員としては
矛盾を感じつつ仕事してるッス。。。(苦笑)

えー。。。残暑お見舞い申し上げます。

by yass2005 | 2005-08-19 14:41 | works