カルガモ親子の移動を手伝う!

いやー、日曜日は朝っぱらからすごいものを見てしまいました!
TOPICS中のTOPICSです。偶然とは全く恐ろしいことで。。。

日曜の10時ぐらいのこと、いつものようにゴミ捨てにマンションの集積所に行ってから、ちょっと近くの
コンビニへ行こうとしていたら、道路の向こう側で何人かが下を向きながらおっかなびっくりした表情を
していた。

よく見ると、ナナナナナナント!!!

カルガモの親子が道路を歩いているではありませんか!!!!!
c0062763_1617062.jpg


辺りにはあまり人がいなくて車もそんなには通っていなかったんですが、これにはビックリ仰天!
と、一瞬ものすごく感動したものの、これを目の当たりにしたからには、居合わせた者達でこの親子を
何とか無事に川とか池とかに移動させてあげなければなりません。今警察に来てくれって言っても
しょうがないし。。。

幸いにも目の前が石神井川なので、そこまで誘導。と、それには交差点を一度横断せねばならず、
yassさん、柄にもなく赤信号なのに身を挺してプチ交通整理。あー、そっち行っちゃダメ!!!
c0062763_16172996.jpg


何とか川横の遊歩道まで誘導しましたが、その下の川面までは約6~7m。この子どもたち、飛べないん
じゃないか。。。??などとちょっと不安に。
しかし、そんな不安はほんの一瞬。母ガモが柵の下を潜り抜けて迷わず川面へダイブ!
すると子どもたちも続いて次々とダイブ!まるでピンポン玉のような軽さで真下へ落ちていくような
感じでした。いやー、逞しい。本能なんでしょうか?怖気づくことを知らないんですかねー?
c0062763_16175551.jpg


おっと、感心していると一羽のコガモが戸惑って取り残されてしまいました。状況がわからず足が
すくんでいるような感じです。川面へ先に降り立った一団はその存在に気づくことなく、どんどん
泳いで先の方へ行ってしまいます。取りのこガモ、ピーンチ!

よっぽど掴んで下に投げてやろう(なんて強引な。。。)とも思いましたが、取りのこガモが勇気を
奮ってダーイブ!!!おおお~、すごい!

これで無事移動完了。交通整理に立ち会った数人は一安心。ホント、よかったよかった。
c0062763_16181978.jpg


とにかくこんなに間近でカルガモ親子の移動を見られたなんて感動しました。昨日一日はおかげですごく
平和な気分で過ごせました。

よちよちだけど、母ガモにくっついて離れない子どもたち(13匹)の姿めちゃくちゃかわいかったなー。
でも当のお母さんは早く水のあるところに辿り着きたくて必死だったんだろうなー、とも。
先日の突然のヘビの出現といい石神井川付近、アドベンチャーがいっぱいですね。(笑;意味不明)

でも川へ移動した直後に周りを飛ぶカラスがコガモを狙って低空飛行など、移動をしても危険がいっぱい。
ここまでしかできないけど、あとはこの親子が無事に移動して平和な日常が過ごせることを祈るばかりです。
がんばれ!コガモたち!!

(09年5月17日 午前10時頃 板橋;帝京大学病院前にて)

by yass2005 | 2009-05-17 10:10 | topics

5周年!

c0062763_225769.jpg

おかげ様で今日でブログ開設5周年を迎えました。中間だいぶサボりましたが、今後は
日常に支障をきたさない程度に更新していきます。
しかし、この飽き易い自分がよく続けているなー、と感心します。さっきまで旧ブログと
あわせてずっと自分で書いた過去の記事やコメントを振り返っていました。

こんな駄ブログながら、ご訪問の皆様に感謝致します。

by yass2005 | 2009-02-20 02:05 | topics

街なかイルミ~番外編!

c0062763_1171337.jpg

街中に煌びやかなイルミネーションの多いこの季節ですが、毎日通勤路途中で
見かけるのが、これ!
地元板橋仲宿ではすっかり有名な、世界のグルメミートを提供する「鳥新」!
ここ、単なる肉屋ではない。もちろん焼き鳥も売ってるし、店構え自体はごくごく庶民的
なんだけど、実は世界中から鶏肉を中心に輸入して、一流ホテルに肉を納めている
知る人ぞ知る板橋区が誇る肉卸店なんである。
このクリスマスシーズン、当然七面鳥やらローストチキンやら予約販売もしている。
なぜか店頭ではいつもオールディーズの曲がかかっている。(笑)

しかし今年恐らく初めて登場じゃないかな?このニワトリイルミ!
すげー!!商店街で一番目立つ!さすが世界の鳥新だぜ!
まんまニワトリとクリスマスとどう関係があるのかわからんが。。。(笑)

by yass2005 | 2006-12-06 01:27 | topics

5年ぶり(らしい)のアド街~十条!

c0062763_15627100.jpg

さあ、11/11(土)21:00~、テレビ東京系「アド街ック天国」は5年ぶりに十条だ。
私は小市民なので、自分の住む街が1時間にわたってTVで紹介されるなんてーのは
正直嬉しかったりする。意味もなく会社で「見てね!」とか言ってみたりしてね。(苦笑)

このブログでもいくつかスポットを紹介などしていますが、ランクインされているものの
中には未だ記事化していなかったり、知り得ぬところもあるんだろうな。新たな発見も
楽しみです。とにかく家中でわくわくしながらみることになるでしょう。

十条・東十条のランクイン予想といたしましては。。。
・十条銀座商店街(いくつもの商店街が数珠繋ぎ。これがないと。。。)
篠原演芸場(数少ない下町演劇の殿堂)
・すみた(東京屈指といっていいでしょう。讃岐うどん屋)
・埼玉屋&新潟屋(もつ焼きの名店)
・TIME(路地裏、こじんまりとしているけどこういうときにランク入りしそうな
     カレーのお店)
だるまや(天然氷を扱う都内唯一の甘味処の老舗。最近取材が多いらしい)
・からし焼き(何故かこの界隈には多いメニュー。結構辛い肉豆腐です。)
・ダン(東十条にある演歌専門のレコード屋。休日には演歌歌手の営業で有名)
草月の「黒松」(黒糖どら焼き、銘菓)
蒲田屋(ユニーク100円おにぎり、ご主人がTVチャンピオン優勝者!)
・富士神社
・自衛隊十条駐屯地
・東京家政大&成徳短大
・帝京大学病院
・東京マリオンラーメン(味が落ちたとかで最近評判がよくないけど)
・東京ホルモン市場(安いよ!)
・斉藤酒場(東京のベストオブ居酒屋のひとつでしょう)
・大吉飯店(揚洲チャーハン出るかな?)
小満寿(下町中心に展開の10円まんじゅう)
・田事(たごと、と読みます。なぜ?こんなのところにある高級割烹)
・なぞのおでん屋(十条銀座の真ん中あたりに出没するおでん屋。
            なんか鍋がかなり年期が入っているのでちょっと敬遠。。。)

今思いついたのはこんな感じ。他にもいろいろあるんだろうけど、この中から
いくつ出てくるかねえ?ワクワク。。。!

(写真はJR十条駅改札前にある駅スタンプ。いろいろな駅にスタンプが設置してあって
その駅周辺の名物が絵になっていますが、十条駅はやはり。。。というかそのまんま!(笑))

by yass2005 | 2006-11-11 02:20 | topics

重要かつ残念なお知らせ【7/10加筆】

このブログより子供関係の写真を全て削除しました。
また、今後の記事化・掲出についても見合わせます。
そのように残念な判断に至った経緯については詳細後述しますが、
家族内の判断として決めたことです。

我が家の子供の写真をご期待くださっている皆様、本当に申し訳ございません。
自身残念でありまた不本意ではありますが、ご理解いただきますようお願い申し上げます。

---------以下7/10加筆----------

このブログには、いろいろな内容の記事がありますが
その中で子供の記事は比較的重要な位置を占めています。

このブログは私の嫁さんもたまに見ているのですが、
以前、子供の写真をブログに掲載するか否かで大論争に
なったことがあります。

私としては子供の成長日記として記事化したいという
気持ちなのですが、嫁さんが公開を否定するその理由は、
世の中の殺伐とした、胸の痛む事件などで危険にさらされる
乳幼児のことに起因します。
詳細を書くと更に事象を誘発しかねないので、それ以上の発言は
控えますが、とにかく記事化しないでほしい、と言われたことがあります。

その時は私の反対持論やブログという環境のことをはじめ状況を説明し
いろいろな条件を提示した上で制約ルール付きで何とか以後も
掲出できるように説得したのですが、そのときから子供の記事化の
部分に関してだけは、TB、コメントまで含め私個人のものでなく
家族として公開の記事ということになってしまいました。

先日頂戴したコメントの中に一片の悪意もないにせよ、
親としては神経を尖らせざるを得ない表現のものがありました。
お褒め下さった言葉だと思います。ありがたいです。それはわかるのですが、
その表現ではシャレにならない、ということです。

嫁さんはそのコメントを見てしまいました。
私はそのコメンテーターの方とは一緒にオフ会の経験もありますし
顔見知りで悪い印象も抱いておりませんし、今回もそれなりのフォロー
コメントを私から嫁さんにしました。が、彼女にとっては 、母親にとっては
それが誰であっても不適切な発言をしたコメンテーター、という
意識しかありません。

よって我々家族の結論として、今後このブログにおいて
全ての子供の写真の掲載を差し控え、また過去掲出した関連
写真についても削除したいと思います。

大袈裟、ネガティヴとか神経過敏とか思われるかもしれません。
しかしこれはネット環境での情報発信者それぞれの考え方によるもので
それが原因でいかなる被害があったとしても自ら責任を
取るしかないのです。また、何かがあってからでは遅いのです。
我が家においてはそういった考えであると言うしかありません。

繰り返しになりますが、いつも子供の記事をご期待くださっている皆様、
本当に本当に申し訳ありません。自身不本意ではありますが
諸事情ご理解いただければと存じます。

※当該コメントについては削除させていただきました。

by yass2005 | 2006-07-08 18:59 | topics

初対面



よく出てきたね

ありがとうね

いい人生にしようね


初めて抱き上げたとき、自然とそんな言葉が出てきた。

胸がいっぱいになった。

そして。。。

by yass2005 | 2006-04-15 03:08 | topics

産まれました!

長らくお待たせ、といいますか我々も待ちましたが
ようやく第2子が誕生いたしました!
4/14(金)午前2時36分、3305g、元気な女の子です。
先ほど病院の嫁さんより電話がありました。
電話口で赤ちゃんも元気よく泣いていました。

やっぱり。。。。じーん、感動。そして嫁さんにありがとう。。。

りさがいるので自宅にて待機しておりましたが、明朝初対面に行ってきます!
詳細は追ってご報告。

サクラサク!
と、いうわけでようやく我が家は時期をやや外したものの桜満開!!!
お約束どおり待望のスキン変更です!!!

。。。← あー、あと雪だるまが変わっていなくてすみません。。。

by yass2005 | 2006-04-14 02:59 | topics

まだです。。。でも五分咲き「板橋・石神井川の桜」

いろいろと励ましのメールをありがとうございます。

。。。まだです。。。(苦笑)
この土日嫁さんに陣痛が始まるようなことはありませんでした。
こればっかりはいつくるか本当にわからないのです。気を揉ませてしまって
どうもすみません。
でも本当にこの分だと東京地方の桜満開時にほぼ近い出産になるかと。。。。

今日は嫁さんの希望もあり、石神井川を散策。そう、急ぐように桜の花見です。
東京地方、満開はまだ先のようなことが報じられておりますが、板橋の桜は
今日の午後の段階では立派に五分咲き、という感じでしょうか?
嫁さんのお腹も出産直前のそんな状況かもしれないですね。

ビューポイントのひとつ、加賀みどり橋からのお馴染みの風景
c0062763_0462589.jpg


板橋ではもう立派に咲いています。
c0062763_0465849.jpg


野鳥が桜の枝に。。。
c0062763_0474227.jpg


嫁さんは当然ゆっくりな速度でしか歩けませんので、本当に噛みしめて見るが如く
親子三人で帝京病院からJR十条~板橋の高架下までの川沿いの遊歩道を往復しました。
結構咲いていてよかった。今年はもう見られないし、これで十分です。
嫁さんも感慨深げで。。。大満足でした。

今週は各地でいろいろな桜の便りが見られそうです。これから出産時まで
ポストは休憩させていただきますが、その間、満開の素晴らしい桜は
皆様のブログの写真を拝見して堪能させていただきます。
TBしていただけると更に嬉しいです。(スイマセン。。。)

また、いろいろとご心配をおかけしては申し訳ないので、もしも産まれたあかつきには
このブログのスキンをExciteの桜のデザインに替えます。それがサインということで。。。
なんか電報みたいですね。。。

それでは。。。

by yass2005 | 2006-03-27 00:55 | topics

悪戦苦闘の10日間!


そんなわけで間近にふたり目の出産が待っている我が家ですが
実はこんなことがありました。経過を説明するのにやや時間がかかるため、
横着ですが、友人に宛てたメールでその状況を説明します。

<前略>
……2月中旬あたりから嫁さんのお腹の張りの状態が
かなりつらいようで、昨晩はめまいがするとのことで嘔吐していました。
これはいかん、ということで昨晩帰宅後に車で産院まで連れて行き
診てもらったところ「切迫早産」との診断でした。
実際子宮口が1cmほど開いてしまっているそうです。

現在(3/7執筆時)34週目なのですが、36週目という出産安全週まで
医者としてはなんとか経過を観察して持たせたい、とのことで
大事をとって入院させました。

 昨日超音波の写真を見せてもらいました。
お腹の中の子供は問題なく、現在約2400gのようですが
まだ肺の機能が未熟なようで、今出てきても
しばらくは保育器のお世話になる可能性が高いようです。

また、お腹の張りで寝られない夜が続いたためか、
不規則な生活とホルモンバランスの乱れからくる
メニエールという突発性の聴覚障害になってしまい、
めまいと嘔吐がひどく片側の聴力が低下しているようです。
(こもって聞こえる、と本人曰く。)
現在一応点滴治療のみですが、今は病院で安静にしています。

入院したのが月曜の晩だったので、昨日は休暇を取り、今日は
申し訳なかったのですが義妹に休みをとってもらっています。
明日明後日はうちのお袋さん、土日を挟んで、来週のことは
現在白紙です。
................................

ということで「切迫早産」の恐れがあったため、先週の後半まで
嫁さんは10日ほど入院していました。

入院中は娘が寂しがることもあり、毎日夕方にお見舞いに行っていました。
嫁さんは常に点滴を打ちながら安静にしているので
ちょっと痛々しく見えましたが、だんだん顔色も回復し、
耳の「こもり感」は残るものの、めまいや吐き気も治まっていきました。

その入院中一番大変なのはやっぱり娘の世話でした。
嫁さんは既にご両親が他界しており、私も勤続中の母親のみ
という状況の中、身の周りで頼れる身内が殆どいないのです。
結局義妹、母、私が交互に会社を休んで対応しました。
朝の幼稚園の送りは、フレックスを使いながら毎日私が、
迎えは3人が交互に対応。
。。。あとは幼稚園の同じ組のお母さん方がいろいろと気遣ってくれて、
娘と一緒に遊んでくれたり、幼稚園の連絡事項をフォローしてくれたり、
と本当にありがたかったです。

私は朝通常より1時間早く起き、洗濯機を回し、朝食を作り、洗いものをし、
洗濯物を干して、娘の着替えを手伝い、手をつないで幼稚園まで
送る、という日々が続きました。
(弁当のある日は義妹や母にお願いしましたが。。。)
その週の金曜日には張り詰めていたものが一気に緩み
土曜日は発熱、土日寝たきり、という情けない始末。
初めてのことに、<俺が何とかしなくては>と、
ちょっと張り切り過ぎたのかもしれません。
とにかくその週の土曜日は一日娘にTVを見させて、
お見舞いに行くほかは殆ど家で寝ていました。

不慣れな家事と日常の仕事の日々を繰り返し、そんなこんなで
その10日間は過ぎていったのです。

そして36週目に入った16日(木)の夕方、医師の許可も降りて、
お腹の張りも幾分か楽になったようで、一時退院。

また、37週目に入った昨日も退院後の健診で順調とのことで、
止張剤の飲薬をやめていつ出産してもよい、と医師から
言われたそうです。

。。。いよいよ我が家は臨戦態勢に入りました。

by yass2005 | 2006-03-23 11:51 | topics

ある同級生の死

重たい内容のポストだが、やはり日記として書いておかねばならない。

学生時代の知り合いのことを書いておきたい。
知り合いといっても、友人ということではなく、
同じクラスで言葉を交わしたことがある、
そんな程度だけれど。

知らせを聞いてとても信じ難いのだが、
”彼”は自らその尊い命を絶ってしまった。
高校時代の彼を覚えている者として到底信じ難く
その死を知った直後はなかなか現実を受け入れられなかった。

彼は確か水球をやっていただろうか?
色は浅黒く、甲高い嗄れ声、明るい、という記憶がある。
ガタイはいいのだけれど細いなあ、というイメージもあった。
細身の身体にボンタンは似合わないなあ、などとも。
今書き留めるにはそれだけの情報しかないので、彼がいい奴だったとか
そんなことは言わないし、正直わからない。
学部も違うし疎遠になったけれど大学は一緒だった。
その後在学中から卒業後彼がどうなっていったのかは全くわからない。

ただ知らせを聞く限り、若くしてその道のエキスパートとなり
組織の長として大勢の人間を率い巨額の金を動かすビッグビジネスを
展開していたという。

それもまた当時の彼からイメージは遠く、まさかそんな仕事に
就いていたとは思えなかったのだけれど。

ただ、ハードな仕事を背負う反面、親孝行で子供のことを話題にする
理想的な家庭人だったとも報じられている。
残された遺族のことを思うといたたまれない気持ちになる。
ふと、同い年の自分にあてはめたり比較したりも。。。

同じ高校~大学出身ながら、自分とは全く違う道を歩み
全く違う運命を背負い、若くして人生を終えてしまった同級生―。

世間ではいろいろと彼の壮絶な最期について追求している。
なぜ最期にあの地を選んだ?とか、本当に自殺なのか?とか
捜査上のキーマンがいなくなったとか、組織のナンバーいくつだとか。

私も特別悲しいというわけではない。
しかしそれなりにショックであり、こんな最期を迎えてしまった同級生がいる、
という事実に非常に驚き、また残念に思っている。

へこむようなことはないが、心のどこかに何となく不安に近い
もやもやとしたものが残る。一方でひとの運命とは何なのか、とも。

”彼”とは時の人物の側近と呼ばれた人間です。
数多マスメディアで報道されています。
申し訳ないのですが誰なのかはご想像ください。

謹んでご冥福をお祈り致します。

by yass2005 | 2006-01-25 23:08 | topics