2007GW~5/3(木)大森東「大森ふるさとの浜辺公園」

大森ふるさとの浜辺公園
5/3(木)は大森の実家に帰った。親父の墓参り、長女幼稚園卒園と小学校入学の報告
次女1歳の報告など。板橋と大森だから実家といっても近い場所にあるのだけれど
頻繁に行くにはまあなかなか気恥ずかしく、盆と暮れ、それにGWあたりにフラっと行くのが
親にも自分にも丁度いい頃合いなのではないかと感じる。

さて、私の実家は大森東という大森と蒲田の丁度中間あたりで、目の前は東京湾の
入り江部分。小さい頃には目の前に昭和島という人工島埋立地ができた。

。。。ちょっと昔のこの辺りの話をすると、目の前の海というのはゴミと泥だらけの、
まさに当時の公害問題などをイメージさせる東京湾を画に描いたような場所だったんだけど、
それでもこの辺はハゼ釣りで結構賑わっていた。
夏休みとかは潮の引いている朝、兄と2人で堤防からロープをつたってフジツボだらけの
岩場に降り、石を起こしてゴカイを捕まえて、それを餌によく釣りをしていた。

なんでこんな前振りをしたのかというと、実はその家の前の堤防部分がナ、ナ、ナント
大田区の20年越しの構想によって、東京では初の区立の海浜公園へと変貌を遂げて
いたからである。見た瞬間はただ呆然。その変貌振りには驚愕。(笑)
(ちなみに葛西臨海公園やお台場海浜公園は都立の施設。区立ではここが初。)

なんだ!この人の数は!? ここは我が実家の前。。。
c0062763_2327056.jpg

堤防部分は数年前に一度安全策のために改装されてなだらかな角度がつけられたのだけれど
この公園の建設のためにさらにその部分に白い砂を大量に埋めて水を浄化している。
狭い入り江部分には干潟が作られ野鳥の休息地に。うーむ、子供たちは水遊びをし、
なんとシーカヤックまでやっている人もいる。。。何てことだ。。。ここはどこだ?(笑)
c0062763_2334453.jpg

c0062763_23341560.jpg


ちなみにこの公園内は花火や釣り、遊泳は禁止。また砂浜からあがると傾斜した緑地部分が
あって、そこにシート広げてピクニックなんかもできる。もちろん入場は無料。
今のところ大した施設はないが、この町の歴史であった「海苔漁」に関する資料館が
この敷地内にできるらしい。とはいえ、出店もないし派手なアトラクションもありません。
ここに来るとすれば、
・地元住民の憩いの場所
・子供と一緒に水遊びがしたい
・潮風を感じながらピクニックがしたい
・遠くに見える羽田離発着の旅客機が見たい
という目的でしょうか?
個人的にはこのオープンを機に平和島・大森町あたりが盛り上がってくれると嬉しいですね。

服を着たままで水にどっぷり浸かってはしゃぐ子供たち。楽しそうなんだけどね。。。
昔の水の汚さを知っているだけに私としてはまだまだ抵抗が。。。。
c0062763_23462699.jpg


わが娘も水辺でスカート脱いで砂と戯る。。。
c0062763_23474129.jpg


まあ場所柄あんまり風紀と治安面では自慢できる場所じゃないんだけど、こういうことだけは
やめて欲しい。
c0062763_2349195.jpg


でもね、やっぱり都内にはこういう開放感に浸れる場所が少なすぎるしここは貴重だと思うよ。
実家に帰る度に行くことになりそう。何より娘が喜ぶしね。
c0062763_23511362.jpg


いい一日でした!

by yass2005 | 2007-05-06 23:52 | holiday